フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー「RICOH GRの画像」の記事

2017年4月20日 (木)

鎌倉★海蔵寺Ⅱ

Rgr0207

Rgr0207a      神奈川県鎌倉市扇ガ谷 海蔵寺にてRICOH GRで撮影

 海蔵寺の境内と庭園です。SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月18日 (火)

鎌倉★海蔵寺

Rgr0206

Rgr0206a
  神奈川県鎌倉市扇ガ谷 海蔵寺にてRICOH GRで撮影

 臨済宗建長寺派のお寺さんです。山間に有り、雰囲気の良く、鎌倉に行くと甘楽図行く場所です。十六ノ井が有名です。

 今回は、モノクロフィルム調にしたかったので、DxO FilmPackでモノクロ写真に仕上げました。

 

2017年4月17日 (月)

亀ヶ谷坂切通しの六地蔵

Rgr0205
      神奈川県鎌倉市 亀ヶ谷坂切通しにてRICOH GRで撮影

 亀ヶ谷坂切通しの道頂部付近の岩壁を背にして建つ六地蔵像です。地蔵菩薩は六道を輪廻転生する衆生を救う仏として信じられてきていました。

 亀ヶ谷坂切通しは、「建長寺にいた亀がこの坂を上ったものの、頂上まで行くことが出来ずに引き返した」という伝説があり、それから亀返り坂(かめかえりさか)と呼ばれるようになり、それがいつからか亀ヶ谷坂と呼ばれるようになったと伝えられています。

 今回は、モノクロフィルム調にしたかったので、DxO FilmPackでモノクロ写真に仕上げました。

 

2017年4月15日 (土)

明月院★開山堂

Rgr0204
  神奈川県鎌倉市山ノ上 明月院にてRICOH GRで撮影

 明月院の開山堂です。開山堂は、1380年頃に建てられた「宗猷堂」(そうゆうどう)が、のちに開山堂と呼ばれるようになったものです。
 堂内には、明月院開山の密室守厳(みっしつしゅごん)の木像と、最明寺・禅興寺・明月院の歴代住持の位牌が祀られています。SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月13日 (木)

明月院★庭園

Rgr0203

Rgr0203a      神奈川県鎌倉市山ノ上 明月院にてRICOH GRで撮影

 明月院の方丈の円窓から見える庭園と、方丈の前にある枯山水です。SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月12日 (水)

雨の明月院Ⅱ

Rgr0202

Rgr0202a
  神奈川県鎌倉市山ノ上 明月院にてRICOH GRで撮影

 明月院の山門(または中門)とその奥です。この山門を境にガラリと景色が変わります。SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月10日 (月)

雨の明月院

Rgr0201

Rgr0201a
  神奈川県鎌倉市山ノ上 明月院にてRICOH GRで撮影

 あじさい寺で有名な明月院です。門をくぐり、すぐ左手に見えるのがこの景色です。上の写真の門のある建物が、月笑軒という茶店です。下の写真の奥の建物が北条時頼の廟所です。

 この写真はSILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月 9日 (日)

円覚寺Ⅴ

Rgr0200

Rgr0200a
  神奈川県鎌倉市山ノ上 円覚寺にてRICOH GRで撮影

 円覚寺の最も奥に有り、標高の高い位置にある黄梅院(おうばいいん)です。

 黄梅院は方外宏遠が文和三年(1354)に開創した、円覚寺15世の夢窓疎石(むそうそせき)の塔所です。
 夢窓疎石は五山文学(京都・鎌倉五山の禅僧によって書かれた漢詩文)の隆盛に大きく貢献した人物です。そのため夢窓疎石を師と仰ぐ夢窓派の関東における一大拠点となりました。
 また応安元年(1368)には室町幕府二代将軍足利義詮の遺骨が分骨されたことにより、足利氏の菩提寺ともなりました。

 この写真はSILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月 8日 (土)

円覚寺Ⅳ

Rgr0199

Rgr0199a      神奈川県鎌倉市山ノ上 円覚寺にてRICOH GRで撮影

 大方丈の前庭(上)と庭園(下)です。これも、SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

2017年4月 4日 (火)

円覚寺Ⅲ

Rgr0198a

Rgr0198      神奈川県鎌倉市山ノ上 円覚寺にてRICOH GRで撮影

 円覚寺の選仏場です。選仏場とは、仏を選び出す場所という意味で、修行僧の坐禅道場のことです。SILKYPIX Pro8で現像しました。

 

より以前の記事一覧