フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー「RICOH GR」の記事

2015年12月15日 (火)

水口宿~橋本豆腐店

Rgr0166
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道の街道沿いにある豆腐店です。

 今日,SILKYPIX Proの新製品である「7」が出たので,早速入れてみました。それまで使っていたPro6に比べて,いい感じに仕上がり,SILKYPIXらしさが戻ってきたような感じです。(Pro6が今までと比べてイマイチだったので余計…。)それに,起動時間がものすごく速くなったような気がします。

 

2014年6月15日 (日)

使用機材紹介 PartⅦ

 SIGMA DP2 Merrillを新たに購入したので,使用機材紹介の第7段です。ボーナス前は何故だか新機種を購入してしまいます。

 まずはデジタル担当!1番手はSIGMA DP2 Merrillです。

Dp2m2

 ほぼ同じ画角のDP2sも持ってますが,超変態フォビオンセンサー搭載の極地であるMerrillが欲しかったので,EOS5D MarkⅡを売却して得たお金で購入しました。
 DP2sもこのまま引き続き使用していきます。(Merrillの方が気難しそうなので,スナップ撮影にはDP2sの方が向いているそうです。)

☆SIGMA DP2 Merrillの紹介ページです。もしよろしければ…。

  http://gal-k.la.coocan.jp/dp2m2.htm

 

 2番手はOLYMPUS PEN E-P5 &M.ZD12mmF2.0&17mmF1.8&45mmF1.8です。

Pen_ep5

 本物のデジタル版PENとしてE-P3と入れ替えました。PEN EEとは違いますが,レンズ交換PENの元祖PEN Fと非常に似ているというのが,今回のE-P3との入れ替えの理由です。そのため,レトロ感を感じると言うことでPEN Fと同じシルバーモデルにしました。
 同時にM.ZD12mmF2.0も購入したので,今まで弱かった広角も撮りやすくなるかな?
 ちなみに,今まで使っていたE-P3は,職場でのスナップ撮影専用として使っていきます。

☆OLYMPUS E-P5の紹介ページです。もしよろしければ…。

  http://gal-k.la.coocan.jp/ep52.htm

 

 デジタル3番手はRICOH GRです。

Gr

 今まで持っていたGR DIGITALⅢから買い増しました。これで,大型センサーで,24mm,28mm,34mm,41mm,50mm,90mm,100mmと広角~中望遠まで網羅できます。ただ,機材持ち出しが,単独1台か,一眼レフカメラ等のサブとして持って行くことが多いので,大型センサー+単焦点のカメラ同士の組み合わせはあまりないかな。まぁ,持って行くとしても,コンパクトなボディの機能性を犠牲にしたくないので,せいぜい2台までです。
 APS-C機としては,非常にコンパクトなのですが,GRDⅢと比べると一回り大きいです。このあたりで,使い分けが出来るかな。ただ,操作性は統一されているので使い易いです。

☆RICOH GRの紹介ページです。もしよろしければ…。

  http://gal-k.la.coocan.jp/rgr12.htm

 

 デジタル担当!4番手はSIGMA DP2s

Dp2

 41mm(35mm換算)単焦点デジタルカメラです。コンデジのボディに初めてデジタル一眼のセンサーを入れたのは,DPシリーズです。また,フォビオンセンサーを搭載した唯一の存在で,ある面から言えば,変態カメラでもあります。

☆SIGMA DP2sの紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/dp2s2.htm

 

 デジタル担当!5番手はRICOH GR DIGITALⅢ

Gr3

 28mm(35mm換算)単焦点デジタルカメラです。最近は,ニコンも同じような機種をぶつけてきましたが,もともとは,単焦点28mmのコンデジといえばGR SeriesとDP1 Seriesしかなく,ポケットに入る大きさで,街角スナイパーと考えるとGRD Seriesが今でも唯一の存在です。この前のモデルのGR DIGITALⅡから使用しています。

☆RICOH GR DIGITALⅢの紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/gr32.htm

 

 デジタル担当6番手は,E-520&ZD25mmF2.8&50mm Macroです。

E520

 PEN EEのデジタル版として購入しました。(これを導入したときには, OLYMPUS PEN E-P1はまだ発売されていませんでした。)E-520は比較的コンパクトな上に,手ぶれ補正が入っており,気楽に撮影できる機種です。
 また,オリンパスのZUIKOレンズ゙の単焦点で,だいたいPEN EEと同じような焦点距離,同じようなボケ具合のレンズ゙ということで,ZD25mmF2.8を着けています。ZD25mmF2.8ですが,メチャクチャコンパクトで,異常といえるぐらい薄いレンズです。このようなレンズを,外見がパンケーキのように薄いレンズと意味から,俗称でパンケーキレンズと呼ばれています。
 コンパクトなE-520と薄型のパンケーキレンズZD25mmF2.8の組み合わせで,PEN EEや現在のPenほどではありませんが,コンパクトで気軽に撮れるスナップ撮影のお供になっています。
 さらに,E-5との共用ですが,ZD50mmF2.0 Macroも購入し使っています。

☆E-520の紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/e5202.htm

 

 次に,フィルム担当!OLYMPUS PEN EEです。

Penee231

 ハーフサイズカメラ(35mmフィルムの横を半分で割って,普通だと写真1枚分の場所に2枚分写せるタイプのカメラ)の名機PEN EEの初代機です。さらに希少価値の高い,初期型1speed(1/60秒)機です。(2008年1月に修理へ出したとき,シャッター形式について調べてもらったところ,1/60の1speed機だという回答をもらい,間違いなく初期型だとわかりました。)ただ,希少性が高いと言っても売るわけではないので,シャッタースピードが1/60秒だけというのは,撮影機材としては,少々使いにくいですね。

☆このPEN EEの紹介ページもあります。よろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/penee.htm

 これらの機材を使った写真を,これからもアップしていこうと思います。よろしくお願いします。

2013年12月26日 (木)

冬★足助の町並みⅠ

Rgr0066
    愛知県豊田市足助町にてRICOH GRで撮影

 足助の古い町並みの入口を,足助川にかかる「中橋」の北詰から撮ったものです。上の写真は,SILKYPIX Pro6で普通に現像したものです。

 下の写真は,古い町並みには「ブリーチ バイパス(銀残し)」で表現した方が良いだろうと言うことで,SILKYPIX Pro6を使ってテイスト「シネフィルム レトロ」で現像したものです。

Rgr0066b

 さらに,Lightroom 5で本家PENTAXの「銀残し」風に現像したのが下の写真です。

Rgr0066a

 どれが好みかは人好き好きですが,この写真にはPENTAXの「銀残し」風が私の好みには合います。

     

2013年8月 5日 (月)

白鳥おどりのキリコ灯籠Ⅲ

Rgr0016

P7140020  岐阜県郡上市白鳥町にて
      上がRICOH GR,下がE-P5&M.ZD12mmF2.0で撮影

 昨日に引き続き,白鳥おどりの「キリコ灯籠」の写真です。ほぼ同じ場所から撮っていますが,GRが換算で35mm(クロップ),E-P5が24mmです。
 色合いについては,今回はE-P5をGRにそろえるため,何時も使っているi-Finishではなく,ノーマルな色合いの「Natural」を使用しています。それでもやはり,差は縮まりましたがGRが自然な感じ(地味),E-P5が記憶色より(派手)といえますね。どちらが好きかは,人それぞれだと思います。(私は両方好きです。)

 昨日書いた「GRのエフェクトブラケット」についてもう少し…。
 (オート)ブラケット撮影には大きく分けて2種類あります。例えば3つの異なる設定の撮影をする時,異なる設定で3回連続撮影するパターンと,撮影は1回でカメラ内RAW現像で3つの異なる設定を作る場合です。前者は,露出を変える時によく使われ,当然3枚のRAWファイルが作られます。後者は,色合いなど画像エンジンによって変えられるものなどに使われることが多く,1枚のRAWファイルから出来るので,当然1枚のRAWファイルがつくられます。

 オリンパスのアートフィルターブラケットでは,1回の撮影で何種類かのアートフィルターのJPEG画像が出来ますが,RAWファイルは1枚だけです。まぁ,理屈から言えば,これが普通です。
 ところが,GRのエフェクトブラケットは,1回の撮影でノーマル画像1枚とエフェクト画像2枚を作っているのですが,それぞれのエフェクトのJPEGを埋め込んだRAWファイルを後から作っているのです。それも,エフェクトのJPEGを埋め込んだRAWファイルと言っても,現像ソフトのサムネイル表示をした時に一瞬出るだけのもので(それさえすぐにノーマル画像に戻る),現像する時はエフェクトが反映されないので,まったく同じ3枚のRAWファイルが出来ているのです。

 なぜこんな事になったのかな?エフェクトが反映されるならRAWファイル3枚でも良いのですが,エフェクトが反映できる現像ソフトが付属のソフトを含め全くないのです。全く同じ(埋め込まれたエフェクトのJPEGは違うのですが…。ただ,これが全く役に立っていない…)RAWファイルを3枚作る意味が,本当に謎です?RICOHは何を考えて,このような設定にしたのでしょうかね????

    
 

2013年8月 4日 (日)

白鳥おどりのキリコ灯籠

Rgr0015

Rgr0015a

Rgr0015c
    岐阜県郡上市白鳥町にてRICOH GRで撮影

 GRとE-P5を持って,奥美濃方面に撮影に行ってきました。ちょうど盆踊りシーズンで,「白鳥おどり」のキリコ灯籠が,町中いたるところに飾られていました。各踊りの会場にこのキリコ灯籠を吊るし,その下で踊るそうです。
 このあたりでは,郡上八幡の徹夜踊りが有名ですが,この「白鳥おどり」も,いつ始まったかは定かではないですが,約400年前より踊られていたと伝えられている,由緒正しい盆踊りです。
 今年も,12日が前夜祭で夜中の1時まで行われ,13,14,15日には徹夜踊りで朝方4時頃まで行われるそうです。

 この写真は,RICOH GRのエフェクトブラケットを使って撮影しました。上がノーマル画像,真ん中がハイコントラスト白黒,下がブリーチバイパスです。
 エフェクトブラケットは,一回の撮影で,ノーマル+2つのエフェクト画像を一気に作ってくれる機能です。エフェクトを多用する人には非常に便利な機能です。

 ただ,欠点もありまして…。画像フォーマットをJPEGだけの時は問題ないのですが,RAW+にすると,RAWも3枚作ってしまいます。それも,同じRAWファイルが…。

 この機能,普通は1回の撮影で作ったRAWファイルをもとに,ノーマル画像1枚とエフェクト画像2枚を作っています。そのため,RAWファイルはJPEG生成の元になる1枚だけでいいので,1枚のRAWファイルと3枚のJPEGで事足ります。
 ところが,GRの場合,それぞれエフェクト用のRAWファイルが作られ(RAWファイルとしては全く同じもの),合計3枚のRAWファイルが作られます。このRAWファイル,それぞれのエフェクトのJPEGも中に含まれているので,現像ソフトで表示する時一瞬だけエフェクト画像が出てきますが,すぐにエフェクトの無い表示になってしまいます。そのため,RAW現像する時には3枚ともすべて同じRAWファイルなのです。(付属に付いてくるSILKYPIXでも同じです。)
 つまり,3枚のRAWファイルのうち2枚は不要なわけです…。

 まぁ,RAW+で撮っている人は,後で不要な2枚を削除するか(今回,私が使った方法…。でも,300枚以上のセレクト→削除は面倒です。),面倒でも,エフェクトブラケットをする時は,画像フォーマットをJPEGに変えるしか無いですね。面倒なのが先に来るか,後に来るかの違いなわけです。

 今回,E-P5と一緒に持ち出したのですが,オリンパス機が記憶色よりの派手な色合いに比べて,GRのノーマル(スタンダード)の色合いは自然な感じですね。まぁ地味とも言えるのですが,味わいのある色合いで,自分好みに補正もしやすく,結構玄人好みの色合いだと思います。オリンパスの発色の良い色合いも好きですが,GRの自然な優しい色合いも好きです。

 

2013年7月13日 (土)

使用機材紹介 PartⅥ

 先月,RICOH GRが加わったので機材紹介ページを掲載しましたが,1ヶ月もたたないうちに,物欲大魔王に負けてOLYMPUS PEN E-P5を購入したので,使用機材紹介の第6段です。

 まずはデジタル担当!一番手はOLYMPUS PEN E-P5 &M.ZD12mmF2.0&17mmF1.8&45mmF1.8です。

Pen_ep5_2

 本物のデジタル版PENとしてE-P3と入れ替えました。PEN EEとは違いますが,レンズ交換PENの元祖PEN Fと非常に似ているというのが,今回のE-P3との入れ替えの理由です。そのため,レトロ感を感じると言うことでPEN Fと同じシルバーモデルにしました。
 同時にM.ZD12mmF2.0も購入したので,今まで弱かった広角も撮りやすくなるかな?
 ちなみに,今まで使っていたE-P3は,職場でのスナップ撮影専用として使っていきます。

☆OLYMPUS E-P5の紹介ページです。もしよろしければ…。

  http://gal-k.la.coocan.jp/ep52.htm

 デジタル2番手はRICOH GRです。

Gr

 今まで持っていたGR DIGITALⅢから買い増しました。これで,大型センサーで,24mm,28mm,34mm,41mm,50mm,90mm,100mmと広角~中望遠まで網羅できます。ただ,機材持ち出しが,単独1台か,一眼レフカメラ等のサブとして持って行くことが多いので,大型センサー+単焦点のカメラ同士の組み合わせはあまりないかな。まぁ,持って行くとしても,コンパクトなボディの機能性を犠牲にしたくないので,せいぜい2台までです。
 APS-C機としては,非常にコンパクトなのですが,GRDⅢと比べると一回り大きいです。このあたりで,使い分けが出来るかな。ただ,操作性は統一されているので使い易いです。

☆RICOH GRの紹介ページです。もしよろしければ…。

  http://gal-k.la.coocan.jp/rgr12.htm

 デジタル担当!3番手はSIGMA DP2s

Dp2

 41mm(35mm換算)単焦点デジタルカメラです。コンデジのボディに初めてデジタル一眼のセンサーを入れたのは,DPシリーズです。また,フォビオンセンサーを搭載した唯一の存在で,ある面から言えば,変態カメラでもあります。

☆SIGMA DP2sの紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/dp2s2.htm

 デジタル担当!4番手はRICOH GR DIGITALⅢ

Gr3

 28mm(35mm換算)単焦点デジタルカメラです。最近は,ニコンも同じような機種をぶつけてきましたが,もともとは,単焦点28mmのコンデジといえばGR SeriesとDP1 Seriesしかなく,ポケットに入る大きさで,街角スナイパーと考えるとGRD Seriesが今でも唯一の存在です。この前のモデルのGR DIGITALⅡから使用しています。

☆RICOH GR DIGITALⅢの紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/gr32.htm

 デジタル担当5番手は,E-520&ZD25mmF2.8&50mm Macroです。

E520

 PEN EEのデジタル版として購入しました。(これを導入したときには, OLYMPUS PEN E-P1はまだ発売されていませんでした。)E-520は比較的コンパクトな上に,手ぶれ補正が入っており,気楽に撮影できる機種です。
 また,オリンパスのZUIKOレンズ゙の単焦点で,だいたいPEN EEと同じような焦点距離,同じようなボケ具合のレンズ゙ということで,ZD25mmF2.8を着けています。ZD25mmF2.8ですが,メチャクチャコンパクトで,異常といえるぐらい薄いレンズです。このようなレンズを,外見がパンケーキのように薄いレンズと意味から,俗称でパンケーキレンズと呼ばれています。
 コンパクトなE-520と薄型のパンケーキレンズZD25mmF2.8の組み合わせで,PEN EEや現在のPenほどではありませんが,コンパクトで気軽に撮れるスナップ撮影のお供になっています。
 さらに,E-5との共用ですが,ZD50mmF2.0 Macroも購入し使っています。

☆E-520の紹介ページです。もしよろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/e5202.htm

 次に,フィルム担当!OLYMPUS PEN EEです。

Penee231

 ハーフサイズカメラ(35mmフィルムの横を半分で割って,普通だと写真1枚分の場所に2枚分写せるタイプのカメラ)の名機PEN EEの初代機です。さらに希少価値の高い,初期型1speed(1/60秒)機です。(2008年1月に修理へ出したとき,シャッター形式について調べてもらったところ,1/60の1speed機だという回答をもらい,間違いなく初期型だとわかりました。)ただ,希少性が高いと言っても売るわけではないので,シャッタースピードが1/60秒だけというのは,撮影機材としては,少々使いにくいですね。

☆このPEN EEの紹介ページもあります。よろしければ…。

   http://gal-k.la.coocan.jp/penee.htm

 これらの機材を使った写真を,これからもアップしていこうと思います。よろしくお願いします。

2013年6月30日 (日)

6月も終わりです

 小さなひまわりのような花が綺麗だったのと,虫がいたので撮影しました。ちなみに,ヘリアンサス・アトロルベンスという花だそうで,ヘリアンサスは英語でヒマワリの意味だそうです。

Rgr0007b     愛知県名古屋市緑区鳴海町にてRICOH GRで撮影

 鳴海の町でブラブラしていたところ,紫陽花の花が綺麗だったので撮影しました。

Rgr0007

Rgr0007a      愛知県名古屋市緑区鳴海町にてRICOH GRで撮影

    

 6月も今日で終わりです。上の写真と関係ありませんが,少しカメラのことなど…。
 私が初めてデジカメを購入したのが,今から13年前の2000年です。型落ちで半値になっていたOLYMPUS CAMEDIA C-2000ZOOMという機種です。(それでも6万円近い値が付いていましたが。)その後,いろいろデジカメを買ってきましたが,最近のデジカメは,贅沢なことを言わなければ,後でいろいろ補正(レタッチ)しなくても,そこそこ綺麗に撮れますね。それは,デジ一を見ても同じ事が言えます。
 私自身,いろいろな情報が欲しくて「価格.com」や2chを見てるのですが,いつ見ても,カメラのあら探しをして,文句を言う人が後を絶ちませんね。
 10年前のデジカメに比べれば,何もしなくても,すべての面で夢のような安定した画像を吐き出してくれているのに,好みや重箱の隅的な批判をしていますね。それも,何となくその機種のライバル機種ファンが批判を書いていることが多いので,批判のための批判が多いと思っています。

 そりゃ,完璧な機種は未来永劫出てこないので,欠点や要望は必ず出てくると思います。
 ただ,「こういう欠点があるけど,自分は工夫して,その欠点を克服しました。」ならいいけど,「自分の好きなメーカーや持っている機種に比べて,ここがダメだ。だから,この機種はダメだ。」みたいな批判が多いですね。特に,某メーカーのファンの一部には…。(今までRICOH製品にはあまりこの某メーカーの信者が乗り込んでこなかったのですが,最近,同じような28mm単焦点のデジカメラを出し,APS-Cタイプに限って言えば,GRより前に出してきたので,結構見かけるようになりましたね。)
 まぁ,その某メーカーの信者は,大昔から某メーカー原理主義者が結構居ますからね…。(2~30年前に比べると,マシにはなっていますが。何せ,某メーカー以外の国産メーカーにはいろいろ難癖つけて,結局は「某メーカー以外カメラとは認めん」と平然と言い放つ輩でしたので…。そのなれの果てが,現在のカメラ関連の掲示板でよく耳にする「某じい」なのですが。)
 そんな,メーカ原理主義で他のメーカー叩きしていないで,写真を撮ることを楽しめばいいのに…。最近のカメラなら,どのメーカーの機種でも綺麗な写真が撮れるので…。

     

2013年6月29日 (土)

GRでブリーチバイパス

Rgr0006a
  愛知県常滑市大野町にてRICOH GRで撮影(エフェクト ブリーチバイパス)

 GR本体のエフェクトをブリーチバイパスに設定して撮ったものです。カメラの撮って出しJPEG画像ですが,個人的にはあまり好みではありません。少しグリーンが強いというか…。これが本来のブリーチバイパスだということは分かっているのですが…。

 個人的には,SILKYPIXの「創像」というテイスト集の中の「シネフィルム レトロ」が,自分が思うブリーチ バイパス(銀残し),そのものです。下の画像は,上の画像のRAWファイルをSILKYPIX Pro5を使ってテイスト「シネフィルム レトロ」で現像したものです。

Rgr0006
  上の画像と同じ画像のRAWファイルをSILKYPIX Pro5
                  ティスト「シネフィルム レトロ」で現像

           

2013年6月26日 (水)

GRの景品が当たりました

Grkeihin

 GRの景品に応募したところ,見事に当たりました。 GRデビューキャンペーンの「GR×nano・universeストリートバッグ」と赤い「Original Red Ring」です。
 くじ運が全くない私が当たったので…,と思ったところ,ナノ・ユニバースのストリートバックは先着5000名に,赤いリングは予約特典で,前日までに予約した人は全員もらえるみたいです。
 そういえば,GRの景品に応募したとき,予約特典応募用のナンバー付きの紙が入っており,それを打ち込んだっけ…。
 このGR,予約客のキャンセル品だったかもしれませんね。そう考えると,最初4~7日で届くと言っていたのが,急に翌日配達になったのもうなずけますね。まぁ,注文して翌日に到着し,予約特典がもらえたのだから,キャンセル品でもいいのですが…。それに,箱を開けた形跡がなかったので,返品商品ではないみたいですし。

☆P.S.

 どうも,「Original Red Ring」は初期出荷分までは,予約者でなくても,同封の予約特典応募用のナンバーを打ち込めばもらえるみたいでした。そのため,今のところ「GRデビューキャンペーン」でバックが送られてきた人にはもれなく付いているみたいです。
 と,いうわけで「予約客のキャンセル品」ではなかったみたいです。

     

     

2013年6月23日 (日)

干潮の川

Rgr0001
    愛知県常滑市大野町にてRICOH GRで撮影

 GRの試し撮りをかねて,常滑・大野に行ってきました。ちょうど干潮時で,川が干上がっていました。

 GR DIGITALⅡ&ⅢではJPEG撮って出しで使っていましたが,GRのJPEGは評判がイマイチなので,RAW+(JPEG付きのRAW)で撮っています。この写真も,Lightroom 5で現像したものです。

    

より以前の記事一覧