フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

今年もありがとうございました。

Ep50128
      三重県亀山市関町 東海道関宿にてE-P5&M.ZD17mmF1.8で撮影

 いよいよ,本年もあと数時間。今年もご覧いただき,ありがとうございました。

 今まで,街道を東向きに撮影したものを載せていましたが,今回は西向き(西の追分方向)に撮影したものを載せました。またRAW現像時には,ドラマチックトーン」で現像しました。

 

2015年12月30日 (水)

冬・関宿~街道を歩けばⅡ

Ep50127
      三重県亀山市関町 東海道関宿にてE-P5&M.ZD17mmF1.8で撮影

 昨日に引き続き,街道を東に向かって撮影したものです。昨日より,少し東に進んだところから撮影しました。

 

2015年12月29日 (火)

冬・関宿~街道を歩けばⅠ

Ep50126
      三重県亀山市関町 東海道関宿にてE-P5&M.ZD17mmF1.8で撮影

 西追分から関神社御旅所を通り過ぎて少し行った所から,街道を東に向かって撮影したものです。これから,東に向かって,地蔵院や会津屋があるところ(関宿のちょうど中間地点)まで歩いて行きます。

 

2015年12月28日 (月)

冬・関宿~関神社御旅所

Ep50125
  三重県亀山市関町 東海道関宿にてE-P5&M.ZD17mmF1.8で撮影

 東海道関宿の西の外れにある,関神社御旅所です。少し前までは,倉庫みたいな建物(祠?)でしたが,平成25年に建て替えられて,急に立派な祠になりました。

 亀山市観光協会報「かめ丸くんだより」によると,

 「御旅所」は、「関宿祇園夏まつり」の「神輿の渡御」に係わる大切な場所で,1年に1回だけ,神輿の宿所として使われる建物です。
 関宿の「西の追分」近くに,昭和10年ごろ建てられた「御旅所」が老朽化してきたために今回改築されたもので,初期の御旅所と同じ形に復元されました。
 平成25年7月20日に行われた「関宿祇園夏まつり」から神輿の宿泊所として使われました。

ということだそうです。

 

2015年12月17日 (木)

水口宿~朝日医院

Rgr0168
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 今回の水口宿シリーズ最後の写真です。昨日の写真の横断歩道をさらに東海道沿いを西に行き,あと少しで藤栄神社という所にある朝日医院というお医者さんです。蔵と円い窓が印象的だったので撮影しました。

 

2015年12月16日 (水)

水口宿~街道の風景Ⅱ

Rgr0167
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 昨日で水口宿の東の端付近まできたので,一気に西に戻り,三筋の西口(水口石橋駅の側)を通り,さらに西に向かって東海道を歩いた所にあった横断報道を撮影しました。実は,この横断歩道,「路地裏・迷い人Ⅲ」に写っている横断歩道だったのです。路地裏…では,両脇の路地を右から左に渡り,水口石橋駅に向かいました。

 

2015年12月15日 (火)

水口宿~橋本豆腐店

Rgr0166
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道の街道沿いにある豆腐店です。

 今日,SILKYPIX Proの新製品である「7」が出たので,早速入れてみました。それまで使っていたPro6に比べて,いい感じに仕上がり,SILKYPIXらしさが戻ってきたような感じです。(Pro6が今までと比べてイマイチだったので余計…。)それに,起動時間がものすごく速くなったような気がします。

 

2015年12月14日 (月)

水口宿~桔梗屋文七

Rgr0165
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 「桔梗屋文七」という古いたたずまいが今も残る商家です。何屋さんか後から調べてみたら,明治38年(1905年)から続くクリーニング店でした。
 画面中央には,昨日載せた,水口宿の三筋の東口が見えます。

    

2015年12月13日 (日)

水口宿~三筋Ⅱ

Rgr0164
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 水口宿の東側の三筋の入口です。ここでは二手に分かれていますが,左側の道を行くと,もう一つ二手に分かれています。(この写真の左側の道の奥に見える青い一方通行の矢印の所。)

 この三筋,東口がここなのですが,西口が水口石橋駅近くのからくり時計のある所で,西口と東口のそれぞれで三本の道が一つになります。(西口の写真が「水口宿~三筋」です。)

 ちなみに右手の道を行くと,西口の水口石橋で一番北側(西口の写真では左側の道のさらに左側のため写っていない)の道に出ます。
 左手の道を行き,奥の一方通行の矢印のところで右に行くと,昨日の写真のところへ出て,西口で真ん中(西口の写真では左側)の道に出ます。これが,東海道のメイン街道だそうです。
 奥の一方通行の矢印のところで矢印通り左に行くと,「日雲宮」の近くを通り,西口で一番南側(西口の写真では右側)の道に出ます。

 ただこの事は,このblogを書くために,位置関係を地図で調べて知ったわけですが…。

 

2015年12月12日 (土)

水口宿~街道の風景

Rgr0163
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道の街道の風景です。このあたりは,街道の感じが良く出ています。

 

2015年12月 7日 (月)

水口宿~問屋場跡

Rgr0162

Rgr0162a        滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 水口宿の問屋場跡です。

 問屋場について少し…。宿場には,人馬の継立や公用旅行者の休泊施設の差配などの宿駅業務を行う「宿役人」という役職がありました。問屋はその管理運営を取りしきった宿役人の責任者のことで,宿に一名から数名程度おり庄屋などを兼務するものもいたそうです。宿役人には,問屋のほかに年寄・帳付・馬指・人足指などがあり,それらの者達が業務を行っていた場所が「問屋場」です。

 

2015年12月 6日 (日)

水口宿~からくり時計

Rgr0161
      滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 いまむら呉服店のある交差点の斜め向かいにある「からくり時計」です。午前9時,正午,午後3時,午後6時の4回,曳山をテーマとしたからくり(下の方にあるガラスで覆われている部分)が動くそうです。残念ながら,20分遅れで見そこないました。

 ちなみに,このからくり時計の後ろには休憩所と駐車場が有り,前の道が比較的広いので,ここが水口宿の観光拠点の一つみたいです。

 

2015年12月 5日 (土)

水口宿~いまむら呉服店

Rgr0160

Rgr0160a        滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道沿いにある立派な商家「いまむら呉服店」です。凄く広くて,立派な建物です。残念ながら,お休みで,店が閉まっていました。

 

2015年12月 4日 (金)

水口宿~日雲宮

Rgr0159
     滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道から路地に入ったところにある神社です。地元では「神明さん」の愛称で親しまれているようです。

 日雲宮は,第11代天皇 垂仁天皇の御代、皇女倭姫命が,天照大神をお祀りする場所を求めて諸国を巡幸し,伊賀国より近江国に入ったところで,甲可日雲の宮と言う場所に四年間滞在されたという言い伝えに関連しています。
 この「甲可日雲の宮」を起源とした神社が,同じ甲賀市信楽町にある「日雲神社」です。この日雲宮も関連したお宮さんみたいです。

 

2015年12月 3日 (木)

水口宿~街路灯

Rgr0158
  滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 題は「水口宿~街路灯」ですが,街路灯より後ろにある錆びた鉄製の柱が良くて撮影しました。

 

2015年12月 2日 (水)

水口宿~赤ポスト

Rgr0157
  滋賀県甲賀市水口町 東海道水口宿にてRICOH GRで撮影

 東海道と比較的広い道との交差点にあった赤ポストです。ポストの向きが東海道側の方に斜めに向いているため,何となく不思議な感じがしたので撮影しました。

 東海道は,ポストの後ろに写っている道を渡り,さらに南東に進みます。

 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »